BID-AF2015-0004-NAC ETUDES DES ESPECES EN ZONE INDUSTRIELLE (SCANTOGO)AU TOGO
最新バージョン Université de Lomé によって公開 2018/05/02 Université de Lomé

Mining in all its phases causes huge loss of biodiversity through habitat fragmentation that transform significantly and affects the landscape in which it takes place. In the short, medium or long term, it may endanger the well-being and even the survival of riparian populations. In the context of sustainable development which requires the integration of environmental, social and economic components, this research aims not only to the restoration of biodiversity in Sika-Kondji quarry landscape but through it, the socioeconomic well-being of riparian populations. Specifically it aims to characterize and map habitats of this landscape and potentials ecological corridors that connect them. On the other hand, it also aims to identify various activities of riparian populations related to ecosystems, characteristics and socioeconomic importance of these activities. To reach these objectives, Google Earth images of study area were been photo-interpreted and digitized using Google Earth Pro software coupled with QGIS software in order to have land cover map on which spatial analysis allow to detect potentials ecological corridors. Floristic, forest and ecological inventories were done using sigmatiste approach of Braun-blanquet. Socioeconomic surveys were also done. The treatment of data was done using Excel, Minitab 16 and CAP softwares. At the end of this research, it appears that the landscape of the study area is predominantly agricultural landscape containing significant biodiversity. A total of 225 species belonging to 172 genera and 55 families were identified and four (04) phytosociological groups were discriminated according to two (2) ecological gradients: submersion and soil texture. The Shannon index and Pielou equitability of these groups show regular distribution of species. Weibull distribution of diameters and heights, associated to low densities of wood species show that these groups are youngers and much degraded. Investigations revealed that agriculture, firewood collecting, hunting, fishing and timber exploitation are main activities of riparian population in ecosystems. Unfortunately these activities may adversely affect these ecosystems if adequate actions are not done. In order to solve this problem, recommendations and study landscape zoning plan have been proposed.

GBIF DwC A EML RTF バージョン 権利
データ レコード

この チェックリスト リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、225 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 225 レコード English で (7 kB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (6 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)
バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Université de Lomé。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: bda0bc4d-4818-4c32-81f2-08c227ce83cbが割り当てられています。   GBIF Togo によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているUniversité de Lomé が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Checklist

連絡先

リソースを作成した人:

Abalo MABAFEI
ETUDIANTS EN MASTER
UNIVERSITE DE LOME
Lomé
TG

リソースに関する質問に答えることができる人:

Abalo MABAFEI
ETUDIANTS EN MASTER
UNIVERSITE DE LOME
Lomé
TG

メタデータを記載した人:

Koudjo AKPENE

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Koudjo AKPENE
地理的範囲

ETUDES DES ESPECES EN ZONE INDUSTRIELLE (SCANTOGO)

座標(緯度経度) 南 西 [6.094, 1.033], 北 東 [6.228, 1.357]
プロジェクトデータ

説明がありません

タイトル BID-AF2015-0004-NAC ETUDES DES ESPECES EN ZONE INDUSTRIELLE (SCANTOGO)AU TOGO
識別子 BID-AF2015-0004-NAC

プロジェクトに携わる要員:

Abalo MABAFEI
追加のメタデータ
代替識別子 bda0bc4d-4818-4c32-81f2-08c227ce83cb
http://ipt-togo.gbif.fr/resource?r=scantogo